こんにちは、クリーニングコンシェルジュの梶原です。

「 フェイクファー 」って知ってますでしょうか?

本物の毛皮 「 リアルファー 」に対して

化学繊維などで出来た毛皮調のものを指していて

コートのフードの周りやマフラーなどにも使われています。

直訳すると「 偽物の毛皮 」でしょうか。

・・・・これってとても不快な言葉ですよね。

お客さまに対して失礼だと思いませんか?

お客さまの衣類に対して「 フェイク=偽物 」だなんて

ラヴァージュでは 「 ケミカルファー 」と呼んで

「リアルファー」と区別しています。

ほんの些細なことですが、お客さまに対して不快な言葉に気をつけていくことも

コンシェルジュの心配りのひとつだと思います。

クリーニング電話 365f9893f32866138316f3c60247e013 LINEお問合せ大
[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る