エルメスのボタン

こちら、エルメスのブルゾンと
そのボタンです。
エルメスボタン
ボタンは革巻きで色泣きの可能性大です。
こちらは多少手間がかかりますが
一度全部外して
クリーニング後もう一度付けるようにしています。
それもお店で付けるのではなく
縫製屋さんに頼んでしっかりと付けてもらいます。
チャックについていた革は取り外せないので
色落ちしないように特別加工をしてから
洗浄しました。
手間はかかりますが、この「 手間 」を惜しまず
することでよりお客さまによろこんで頂く
ハイレベルのサービスが出来るのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

次の記事

上へ下への大騒ぎ